2005年09月12日

案件のアラをイチイチ探すな!

今日は、先月末に作成した稟議がやっと支店長様に見ていただけることになりました。(稟議の流れが遅すぎるんじゃい!)

で、ウチの支店長なんですが、業種に対する偏見が激しい。

先月のブログ(題名『超ご満悦』)にて、力を入れて勧誘していた先から決算書をいただいた話を紹介しましたが、今回の案件はその企業のメインバンクの借入を当金庫へ乗換する内容の案件です。

同社は現在、そのメインバンクとはしっくりいっていない状況。

店の近隣の先でありながらこれまで取引が無かったため、今回は千歳一隅のチャンス!

この機会を逃したくなく稟議を作成したものの、業種は支店長の嫌いな不況業種。

しかも、前期決算は赤字ということで、案件の中身を見る前から不平不満が…。

あらかじめ悪い予感はしていたが、その予感は見事に的中!

案件の中身を見るや否や

「こんなん審査通らんでー」

とのこと。(審査が通るか通らないかで良し悪しが判断される)

もう気に入らない業種となれば、良い所は見ず、悪いところをチクチクチクチクと突いてきやがる。

保全面の問題は無く、万が一、返済が滞っても不動産を売却すれば十分回収が可能な案件。
また、不況業種ではあるが一企業としては技術力が優れているため、多方面の商品開発に取り組むなど、事業意欲は旺盛。

現在は業況が苦しいかもしれないが、支援のしがいがある本当の意味での信用金庫のお客さんであると私は思うのに、悪しき前例ばかり並べて前向きに受付してくれない支店長。

「お客さんのところへ来て確かめてくれ!」と言いたいところだが、そんな行動力を持ち合わせていない支店長。

今回の案件は、お客さんからの要望では無く、こちらからの提案で話が進んでいるっていうのに、「この客は困っている」と決算書だけで勝手に解釈する支店長。

確かに、過去の赤字の原因や今後の事業計画はしっかり把握する必要はあると思う。

でも、自分が惚れ込んだお客さんをコケにされるとすごく気分が悪い!

どんな案件ならあなた様は喜んでいただけるのでしょうか?

毎期、売上・利益共に増加!借入の返済は利益償還!っていう企業はウチなんか相手してくれませんから!(ウチは信用金庫ってことをお忘れなく!)
posted by ケセラセラ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 拝啓 上司様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

おまえら何様!?

あるマーケティングの本を読んでいたら、お客さんは「お客様」ではなく「弱者」であると書いておりました。

金融機関に関しても同じことが言えるなぁと感心して読んでいたのですが、果たしてウチの会社に当てはめるといかがなものかと疑問を感じざるを得ませんでした。

おっさん(上司)にもよりますが、おっさんになればなる程、弱者であるお客さんを食い物にしようと考える傾向があるように感じられます。(高い金利、ガチガチの保全、いざとなれば平気で見捨てる姿勢etc.)

まぁ立場上、仕方が無いことなのかもしれませんが、お客さんと第一線で接している我々にとっては「弱者」であるお客さんを助けてあげたいもの。

いろいろ、工夫を凝らして(ウソは書きません)案件を作成して、上司から「ウチにメリットが無い」と言われて否決になると、悔しい思いとお客さんに申し訳無い思いで一杯になります。

そういうケースの時は、できるだけお客さんに会ってもらおうとするのですが、ヘタレなおっさんは言い逃れをしてお客さんに会おうとしない。

おっさん等はお客さんを定性面(人物面)で判断する機会が無いのだから、せめて「弱者」であるお客さんを「信じる気持ち」と「大事にする気持ち」をもう少し持ち合わせて仕事に取り組んでいただきたい。

でも、中には「デキルおっさん」もいて、こっちが頼まなくてもお客さんのところへ顔を出してくれる人もいてるんですけどね。
posted by ケセラセラ at 18:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 拝啓 上司様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。