2006年11月18日

三流が考える新商品A

現在、私は競売絡みの収益物件の案件を手掛けているわけですが、今期は不動産担保の案件を手掛けることがしばしばあります。
お客さんのところで話をしていても、大きなロットの話は『不動産担保を活用した乗換』とか『自社工場・収益物件の購入』とかになってくるため、そのような不動産担保の案件をうまく取り上げることができれば取組金額は大幅にアップすることが予想されます。

しかし、プロパーでやるとなると時価の7掛けにして評価したりするので担保評価割れのケースが多く、企業内容が良くなければ対応は困難になります。また、保証協会の保証付きで他行乗換をしようと思っても、その他行が同じ保証協会の保証付きで融資をしているようなケースじゃないと受けてくれないのが通例です。

という感じで、不動産担保の案件はロットが稼げる代わりに対応が困難なケースも多いため、せっかくの話を獲り逃してしまうこともしばしばあります。

そんな話を獲り逃さないようにするために考えたのが今回の商品です。名称は『保証付きなら審査部も文句ないやろ!はよ決裁せんかい!融資』です。

内容は・・・

○ 資金使途:不動産購入資金、他行乗換資金(保証付きも可)

○ 担保:不動産(担保評価は時価、収益物件は収益還元法で算定)

○ 金利:金融機関所定

○ 期間:最長20年

といった感じなのですが、これさえあれば収益モンも他行乗換もバンバン話を持って帰ってくることが可能です。でも、これをどこかの保証会社に保証してもらう必要があるわけですが、どこかないかなぁ〜、保証料は1%ぐらいで(w


※ なお『保証付きならどんな先でも融資してOK』と言ってるわけじゃないので誤解の無いようよろしくお願いしますネ。


人気ブログランキング
 来週は休みが1日入るから嬉しいなぁと思う方はポチッと!
posted by ケセラセラ at 23:17| Comment(0) | 三流が考える新商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

三流が考える新商品@

新シリーズです。
三流信金マンの私が『信金にあれば良いのになぁ』と思う商品を勝手に考えて勝手に披露するコーナーです。私の自己マンでやっているので、あまり深く考えないで下さいネ。

第1回目の今回は妊婦さん専用の定期積金、通称『妊婦って大変!でもこれで子供が生まれた時の楽しみが1つ増えたわ積金』です。

少し前置きになりますが、今日、バスに乗っていたら妊婦のような女性が乗って来ました。この『妊婦のような』というのが微妙なところでして、実際は妊婦かどうか判断が難しい感じの女性でした。
私は信金マンとしては三流ですが、バスや電車に乗っている時にお年寄りや妊婦や小さい子供連れの人には席を譲るぐらいの良識は持ち合わせております。しかし、お年寄りや子供連れっていうのは一目見てわかりますが、妊婦っていうのは結構分かりづらいもの。妊娠9〜10ヶ月ぐらいならお腹も大きくなっており、すぐに妊婦ってわかるのでしょうが、5〜6ヶ月ぐらいだと微妙にわかりにくい。
今日の女性にしても然り、コチラから『妊婦さんですか?』と尋ねて、もし違うかったりしたら『妊婦に見えるぐらいのデブに見えるんかい!』と思われ、逆効果になるかもしれません。(考えすぎ?)

妊婦さんは5〜6ヶ月でもお腹が重くてバスとかで立っているのがしんどいとヨメから聞いたことがあります。でも、なかなか気付いてもらえず、こちらから『妊婦やから席を譲れ』とも言いにくいので、結局立ったままでいることになるっていうわけです。

ですので、席を譲りたくてウズウズしている偽善者の私としては、バスや電車に乗る妊婦さんのために、全国共通の『妊婦さんシール』というのを作ってもらえたらな〜と思ったりしております。そのシールは通院している産婦人科から母子手帳と一緒にもらえるようにし、わかりやすいところにペタッて貼ることで、誰からも妊婦さんってわかってもらえるようにするわけです。

で、少しどころかかなり前置きが長くなりましたが、これから私の考えた商品である妊婦さん専用の定期積金、通称『妊婦って大変!でもこれで子供が生まれた時の楽しみが1つ増えたわ積金』について説明していきます。

この定期積金は3〜5万円を掛け金として、満期は出産予定日とします(出産費用へ充当する場合は中途解約可能)。無事に出産が済めば出産祝いとして1万円分の商品券を渡すっていう商品です。ただし、商品券は子供の名義で普通預金を作成した時に引き換えとします。
ちなみに、ここでも妊婦さんかどうかを判断する基準の1つとして『妊婦さんシール』が役立ちます。(基本は母子手帳で判断)

この商品は『苦労の多い妊婦さんに出産までの楽しみを少し作ってもらおう』という実に顧客満足度を意識した商品であり、かつ、金庫にとっては子供名義の口座を一番に作ってもらえるということで、今後、子供名義でお金を貯める時などに利用してもらい易くなります。

目に見えた収益っていうのは期待できないですが、この少子化の時代、たいしたコストにもならないのですから、『話題性』と『地域貢献』ためにひとついかがでしょうか?


人気ブログランキング
このシリーズを続けて良いと思う方はポチッと!




posted by ケセラセラ at 00:22| Comment(5) | 三流が考える新商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。