2008年05月24日

見込みが無い!

最近融資の見込みが無くて困ってるというのは前回のブログでも話しましたが、今も無い状態が続いておりまして正にスランプ状態です。開拓しても話が出ない、待ってても話が来ない、ホント辛い状況であります。(小さいのは出て来るのですが・・・)

では、どうして大きな案件(乗換とか)が出ないのか、私なりに色々と考えた結果を言い訳がましく書き込んでいきたいと思います。(あくまで新規事業融資においての話ですが)

@ そこそこ優良な企業の場合、今借入している金利が低い(1%前後)ため、あえて借換する必要がない。

A 平凡な企業でも既に取引している金融機関がしっかり支援してくれており、あえて新しい銀行に相談する必要がない。

B 悪い企業の場合、取引金融機関には相手にされていないが、自金庫でも相手にできないぐらい内容が悪い。

C 無担保で色々な銀行から借入して資金繰りしている企業の場合、返済ハネ資金のニーズがあるものの、借入金融機関の1つが手を引いた時に資金ショートする可能性があるので新たに突っ込んでいくのはリスクが大きい。

とまぁ、大きな理由を挙げるとこんなところなのですが、@BCに関しては昔から変わらないところなので仕方がありません。
しかしAに関して言うと、今までは平凡な企業の中でも少し悪い企業というのはあまり取引銀行に相手にされなくて信金のターゲット先でもありました。でも最近はそんな企業でも地銀クラスの銀行が積極的に支援をしており、なかなか乗換したり新たに入り込んだりするのが困難な状況になってきております。

取引金融機関の担当者がボンクラ(レベルが低いということ)だと入り込む余地もあるのですが、今私が回っている地域のヨソの金融機関の担当者は普通に仕事ができるみたいで悪い評判も聞きません。(逆にウチの支店の担当者の方がボンクラなのが多い・・・苦笑)

そんなわけで、色々と泣き言を申し上げたのですが、こんな融資見込みがない状況が続くと今流行りの『うつ病』にでもなりそうなので、こんな時こそ『ケセラセラ』な気持ちで仕事に取り組んでいこうと思う三流信金マンなのでありました。
posted by ケセラセラ at 12:20| Comment(0) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。