2005年11月23日

本の紹介B

今日の休みの間に読んだ本を紹介しておきます。

○ 小さな会社 借金のルール (池井戸 潤 著)
 この本は、近年よく都市銀行で行われている『ビジネスローン』について書かれたものです。ビジネスローンの仕組み(スコアリングのこと等)やビジネスローンを利用するための決算書の作り方等が紹介されております。
 また、著者がコンサルティングしている会社の失敗事例も紹介されております。(失敗から学ぶということ)

<ケセラセラの感想>
 著者が都市銀行出身ということで、都市銀行の考えに偏った内容の本です。だから都市銀行から借入したい社長にはオススメです。
 でも、この本にモロに影響された社長とは私は取引したくないですね。決算書のツラだけで与信判断するビジネスローンと、ウチの与信判断は違いますから。
 それにしても最近はビジネスローンや保証協会付きの融資ばかりになってきてますが、これから先、ホントの与信判断をできる人材がどれ程残っていくんでしょうね〜。それとも、もう与信判断には時間を費やさない時代になっていくんでしょうかね〜。
posted by ケセラセラ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。