2008年05月10日

がん保険について物申す。

ついにウチの金庫でも『がん保険』の取り扱いが始まりました。

今まで個人年金保険については私も販売経験があり、個人年金保険料控除を活用した節税対策としてや老後の年金収入が少ない自営業者に将来のための積立商品として勧めたりできたのですが、このがん保険に限っては販売するのが非常に難しい。

難しい理由の1つ目として、ほとんどの方が既に加入しているということ。アフラックをはじめ、がん保険は現在ほとんどの保険会社で取り扱っているから保険に入ってない方を探すのが難しい。

2つ目は『掛け捨て』であること。今まで定期預金とか定期積金とかしか勧誘していない信金マンにとって掛け捨ての保険を勧誘するっていうのはどうも違和感があって勧誘し辛い。(掛け捨てじゃないがん保険もあると思いますがウチの金庫は掛け捨ての商品)

3つ目は40歳台後半ぐらいの年齢の方が入ると保険料が高いということ。年齢に応じて保険料が高くなるから『お願いセールス』で入ってもらおうにも負担が多過ぎて無理が利かない。

そして4つ目は、これが一番大きい理由なのですが、融資先には原則として販売できないということ。はっきり言って、フルハップでもそうですが融資のある先だから無理を言って入ってもらうことができるのに(まぁフルハップは無理を言わなくてもメリットがあるので入ってもらいやすいですが・・・)、融資先に販売できなかったら誰に販売するねん!って話です。確かに『優越的地位の濫用』とか言われますが、我々営業マンが頼みやすいところって融資先しかないじゃないですか!それなのにそれを禁止されたら非常にやりにくい!
我々が『保険販売のプロ』であれば話は別ですが、完全なシロウトなのにそんな簡単に販売できるかっちゅうねん。

とまぁ、軽くグチをこぼしてみたのですが、こんな私みたいな事業融資を専門とする職員にまでがん保険販売のノルマを課すウチの金庫ってどうよ?って思う今日この頃なのでした。

posted by ケセラセラ at 17:52| Comment(0) | 三流の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。