2008年02月23日

デューデリってどうよ?

不動産のことを色々と勉強していると最近デューデリ(デューデリジェンス)という分野に興味を持つようになりました。

ちなみにデューデリジェンス(Due Diligence)とは、英語で、Due:当然行われるべき」、「Diligence:努力」と直訳されます。もともとはアメリカから来た法律用語で、投資家保護の観点から証券発行時の情報が証券取引法の開示基準に適合しているか否かを確認するために行われていた情報の精査が起源とされています。日本の不動産業界において今日、デューデリジェンスという言葉は、投資用不動産の取引や会社の吸収・合併(M&A)、プロジェクトファイナンス等の場合に実施される詳細かつ多角的な調査として定着しつつありますが、基本的には、「不動産取引において対象不動産の有する適正な市場価値やリスクを明らかにするために実施する詳細かつ多角的な調査」と定義できます。(叶剋R不動産鑑定様のHPより抜粋

で、何でデューデリに興味を持つようになったのかと言うと、不動産担保案件の際に実勢価格にそぐわない不動産評価に悩まされることが最近多くなったからです。
ご存知の通り近年地価が上昇し始め、都心部ではミニバブルかと思われるぐらい高い価格で売買されるケースも見受けられるようになりました。そんな中で、金融機関の担保評価というのはどういうわけか相続税評価額を算出する基礎となる路線価をベースにしております。路線価なんていうのはプロの鑑定士が調査しているのではなく不動産の素人のような税務職員が調査して決めているのですから実勢価格と乖離があって当然です。また路線価というのは当てになるのかならないのかわからない公示価格の8割を目安としていることからも信憑性の低い価格であることがわかります。

またウチの金庫では、収益物件の評価においても路線価による評価と収益還元法による評価を比較して低い方を取っており、全くヤル気のない評価方法の元で仕事をさせられているわけです。(しかも収益還元法の算定に使われる還元利回りは10年以上前から7.5%のまま)

そんないい加減な状況で働いているためにデューデリに興味を持つようになったわけですが、できることなら自分自身でおもいっきり勉強してウチの金庫の担保評価システムに革命をもたらしてやる〜!とふと思うこともあります。でも、デューデリのことを勉強しようにもあまり金融機関の職員向けの本や教材というのが無さそうなので、もし何かオススメのものがあれば誰でもいいから教えてほしいなぁと思う今日この頃なのでありました。

posted by ケセラセラ at 16:54| Comment(2) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

不動産など自分で勉強すると面白いでしょうね。
というか、自分の金庫に対して失望するだけかも(笑)。

デューデリという言葉はM&Aの時に
企業査定するという意味でも使いますよね。
私は見出しだけみてその事かなぁとも思いました。
ケセラセラさんの金庫でも企業へのデューデリってやってますか?
ちなみに私はそんな事を自分の金庫がやっているのを
見た事も聞いた事もありません。

情けない。
Posted by しんきん兄ちゃん at 2008年03月01日 22:22
こんにちは、お久しぶりです。

>ケセラセラさんの金庫でも企業へのデューデリってやってますか?
>ちなみに私はそんな事を自分の金庫がやっているのを見た事も聞いた事もありません。

ウチも以下同文です(w
所詮、信用金庫ですからね。そんな知識や経験がある人は信金みたいな安月給のところに勤めたりしないでしょうしね。

それにしても、自金庫の不動産評価システムには失望するばかりです。それと、その評価に基づいて審査するオッサン達にも!
Posted by ケセラセラ at 2008年03月02日 20:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。