2008年02月03日

「望郷の道」がアツイ!

『正太と瑠イが感動の再開!』

これを聞いてピンとくるアナタは日経裏一面マニアですね(w

わからない人のために説明すると、これは現在日経新聞の朝刊に連載されている小説「望郷の道」の今朝の話の中での場面でして、私は休日の朝から目頭をアツくした次第なのであります。

それにしても、今回の日経新聞の朝刊小説も非常に面白い!グリーンスパンや川淵三郎の「私の履歴書」も良いですが、今は何と言っても「望郷の道」です!
日経新聞の朝刊小説といえば、このブログでもこれまで「愛の流刑地」や「チンギスハン」を取り上げましたが、今回の「望郷の道」は先の2つの小説とは異なる面白さを朝から提供してくれております。

でも実は「チンギスハン」が終わった時、私は「望郷の道」を読もうと思っておりませんでした。連載前の紹介文を読んでなんとなく内容に興味が持てなかったからです。で、実際最初は読んでなかったのですが、途中からちょっと読み始めてみると思っていた以上に面白いことに気付き、今はもう毎日の楽しみとなってしまっております。

金融業界で働いていると上司から『日経新聞毎日読んでるか?』と言われることがあるぐらい日経新聞は毎朝の必須アイテムでありますが、一面や経済面や金融面といった堅苦しいページよりも裏一面をこれからも愛し続けようと思う三流信金マンなのでありました。

最後に「望郷の道」のあらすじをリンクしておきますので、よかったら皆さんも明日から日経裏一面マニアになって下さいネ(w

「望郷の道」のあらすじ
posted by ケセラセラ at 00:31| Comment(0) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。