2007年10月27日

三流信金マンの生き方。

『出る杭は打たれる』とはよく言ったもので亀田家にしても沢尻エリカにしても、ものの見事に打たれてヘコんでしまいましたね。

ちょっと前のホリエモンや村上ファンドの時もそうでしたが、世間というのはマスメディアに吊るし上げられた時代の寵児に対してヒジョーに厳しいものだなぁと改めて認識した次第であります。

ただ間違いなく彼等は非常に才能に恵まれていたわけですし努力もしてきたでしょうから、スポットライトを浴びるに値する人間であることには間違いありませんでした。

でも、それをどう勘違いしたのか行き過ぎた言動や態度を取ってしまったことで大きな過ちを犯してしまい、世間に厳しく非難される結果となってしまったわけです。

我々の業界においても例外ではなく、能力の高さゆえに鼻をピノキオみたいに伸ばしている人がポキッと折られちゃうこともありますよね。
たとえ人より成績が良かったり能力が高かったりして金庫内で有名人になったとしても、エラソーな態度をとったり人を見下したりしていると何か過ちを犯した時にカッコ悪い思いをするだけでなく『ざまーみろ』と陰口も言われるでしょうから日常の態度には十分気をつけないといけませんね。まぁ私の場合、地味に生きてるんでそんなに注目を浴びることはないのですけど・・・。

以上、反面教師から学ぶ三流信金マンの生き方でした(w
posted by ケセラセラ at 23:19| Comment(0) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。