2007年08月25日

責任共有制度。

10月から金融機関と信用保証協会とが責任を共有する『責任共有制度』が始まりますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

この制度は中小零細企業・地域金融機関にとっては、非常に非情な制度ですよね。しょうもないダジャレを言ってる場合じゃないくらいです。
ウチの金庫に限って言うと、担保・保証に依存し過ぎているところがあるもんですから、ホントこれからどうなるんだろうと不安に感じる今日この頃です。

私の地域の保証協会の担当者の話では、例年と比較して8月なのに相談件数が多いとおっしゃっていました。それだけ、どの金融機関も10月までに100%保証付き融資を突っ込んでおこうという魂胆なのでしょう。
このブログをご覧の信金マンの方も最近は『掛け込み相談』に追われているのではないでしょうか。

もちろん私もその例に漏れず、何とかして10月までに成約させたい大口融資案件を進めております。
でもちょっとネックがあって、その案件は1本(1億)を越えるビッグな案件なのですが、保証料もビッグで2しぇん万を超えてしまうのです。昨年からの保証料率の弾力化に伴い、現在の企業内容では1.9%になると算定されてしまったためです。

7号認定を取得できれば0.9%になるのですが、この7月よりにっくき某メガバンクが指定金融機関から外れてしまったことが原因で取得できなくなりました。
だから分割納付で検討しているのですが、それでも初回に半分ぐらいは納める必要があることからお客さんにとっては負担が大きくなかなかウンと言ってもらえません。

まぁその案件については、また後日ご報告させてもらうとして、10月以降は有担保保証も責任共有制度の対象になるわけですから、今後このような大口案件を手掛けるのは難しくなるでしょうね。
今までは保証協会の保証付きの大口案件と言えば金融機関にとって『おいしい案件』であったのですが、これからは受付時点でシビアに対応せざるを得なくなるでしょう。

今回の責任共有制度の開始については、保証協会の保証付き融資の審査を緩くしてきた金融機関に責任があるのかもしれません。でも、これによって中小零細企業の資金調達に支障が生じるのは今から目に見えており、倒産件数が増えることも今後の株価の動きを予想するよりも明らかです。
でもそんなの関係ねえ!でもそんなの関係ねえ!でもそんなの関係ねえ!はい!オッパッピ〜!・・・、な〜んて冗談言える状況ではないと思う三流信金マンなのでありました。。

posted by ケセラセラ at 16:45| Comment(0) | 三流の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。