2007年07月14日

ボーナス少なし。

今週、ウチの金庫ではボーナスの支給がありました。

18年度の決算は増収増益でボーナスについても前年比アップが期待されていたのですが・・・、支給明細を見て愕然といたしました。

金庫の業績だけでなく、私個人としても18年度は過去最高の成果を残し、ボーナスの査定対象となる期間においてもそこそこ優秀な成績であったと自負しておりました。そのためボーナスに対する期待も大きかったのですが、見事に期待を裏切られる結果となってしまいました。

ウチの金庫のボーナスについて簡単に説明すると、ボーナスには基本部分と考課部分があって、基本部分というのは毎月の給与がベースとなり、考課部分というのが人事考課がベースとなります。割合としてはだいたい半々ぐらいです。
で、その人事考課は誰が査定するのかと言うと各所属のボス、支店で言えば支店長であります。つまり、支店長の裁量一つで職員のボーナスの半分以上が決まってくるわけです。

私の場合、今回のボーナスを査定したのは今の支店の支店長であったのですが、今の支店長というのがこれまたショボイ!
今の支店は18年度の業績が非常に悪かったので、人事考課については全体的に遠慮した点数を付けた模様。今年の4月から転勤してきた私としてはトバッチリもいいところです。

私のことについては『期待しているから高めに付けた』とか言ってくれたものの、支店長の中での基準値が低いものですから、高めというのがごく普通の職員レベルになってしまい、私の中では昨年頑張って成果を残したのにそれが全く反映されない結果となってしまいました。

こんな満足のいかない人事考課をされて『冬のボーナスはたくさん貰えるように一緒に頑張ろう!』と言われても、


できるか〜っ!!


って感じでして、金曜はヤル気無しモードで一日中漫画喫茶で時間を潰した三流信金マンでありました。
posted by ケセラセラ at 22:29| Comment(2) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そのお気持ち、非常によくわかります。私もそうでしたので。
成果を出しても支店の成績や支店長の裁量でボーナスの評価が変わるなんておかしいですよね。
支店長が大きな権力をもつということは、どこの信用金庫も変わらないですね。良い支店長の下で働ければよいのですが。
Posted by 田舎の信金マン at 2007年07月14日 23:45
こんにちは。
同じ境遇の方からのコメント、心温まる思いがいたしました(w

>成果を出しても支店の成績や支店長の裁量でボーナスの評価が変わるなんておかしいですよね。

ホントおっしゃる通りです。ウチの金庫では昇進昇格にも影響してきますから、どこの支店・どの支店長の下で働くかによって人生も大きく変わってきます。

お互い良い環境で働けていないようですが、腐らずに頑張りましょうねー!
Posted by ケセラセラ at 2007年07月15日 21:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。