2007年06月24日

ホントの自己啓発。

最近、年金保険やら投信やら個人向け国債やらと金融機関で取り扱う金融商品が多くなっておりますが、皆さんはどのようにして商品内容を覚えていらっしゃるのでしょうか?

金融機関で働いていると『自己啓発』というのは切っても切り離せない関係でありますが、机上の勉強だけで知識を補うのは非常に難しい。

私は個人的に『グロソブ』や『ピクテ』の投資信託をしておりますが、実際やっているのとやっていないのとでは話をする時の信憑性が違います。

近年、お客さんから競売物件の購入資金に関する融資相談を受けることも増えたため、最近『不動産競売』に関する本を読んでみたのですが、実際やってみないと入札に関する手続きの流れや入札する人の気持ちを理解することなんてできないなぁと思いました。

でも、競売物件の入札なんて我々信金マンの給与や貯金でできるわけがありません。だから、最近『BIT』で競売物件を調査して自分が良いと思った物件に対して「自分が入札するならいくらで入札するか」を考え、「その物件の落札価格がいくらになったか」を確認してみました。
そしたら、それだけでもいかに素人が希望価格で落札するのが難しいかがよくわかりました。そして、競売物件の良し悪しを判断することの難しさも。

我々はお客様と色々な金融にまつわる話をする機会があります。
そんな時にお客様から信頼を得られるようにするには「いかにお客様と深い話ができるか」というところになってくるかと思います。
そのために『自己啓発』は大変重要なことでありますが、『実践』よりも身に付く自己啓発は無いだろうと思う三流信金マンなのでありました。
posted by ケセラセラ at 23:28| Comment(0) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。