2008年05月27日

またまたがん保険について物申す。

先日もがん保険について物申しましたが、今回も少し物申したいと思います。

今度、私は『金融商品取引3級』の試験を受けるので最近試験勉強をしているのですが、その中で第三次以降解禁商品(がん保険や一時払い終身保険等)の販売における規制に関することが出てきました。この規制は大きく3つありまして、知らない方のために簡単に説明すると・・・

@ 融資先規制
 事業性資金の融資先法人の代表者等への募集制限で、第三次以降解禁商品に関し保険募集手数料等の報酬を得て保険募集を行うことを禁止する規制(手数料をもらわなければOk)。ただし、特例地域金融機関を除く

A 担当者分離規制
 事業資金の融資業務を行う者は、融資先・非融資先を問わず、第3次以降解禁商品の募集を禁止する規制。ただし、特例地域金融機関はやや緩和される

B タイミング規制
 顧客が融資の申込をしている時は、第3次以降解禁商品の募集を禁止する規制。これは、特例地域金融機関でも規制対象となる。

※ 特例地域金融機関とは、その営業地域が特定の都道府県に限られているものとして金融庁長官が定める金融機関(信用金庫等)

以上が第三次以降解禁商品の販売規制なのですが、これは優越的地位による圧力募集を事前に排除することを目的としております。

しかし、私はこの規制に関して声を大にして言いたい。


なぜ、特例地域金融機関は


条件が緩和されるのか?


正直、意味がわからない。信用金庫の職員だって優越的地位による圧力募集をする可能性は十分にあります。てゆーか、信金の職員の保険の勧誘レベルなんて仲の良い会社の社長とかにお願いセールスする程度しか無いのだから、必然的に融資先とかに勧誘するケースが増えます。勧誘している本人は圧力販売のつもりじゃなくても、バックに信用金庫の看板を掲げて勧誘しているわけですから、お客様からしてみれば圧力販売と受け止められても仕方がありません。

こんな緩和措置付きの規制では、きっとどこかの金融機関で問題が起こるのではないでしょうか?ノルマに追われた信金マンなんてロクな勧誘の仕方をしませんからね〜(w

こんなしょうもない緩和措置があるせいで、事業資金の融資業務専門の私にまでノルマが課されているのかと思うと、少しグチらないと気が済まない今日この頃の三流信金マンなのでありました。

posted by ケセラセラ at 23:16| Comment(2) | 三流の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

見込みが無い!

最近融資の見込みが無くて困ってるというのは前回のブログでも話しましたが、今も無い状態が続いておりまして正にスランプ状態です。開拓しても話が出ない、待ってても話が来ない、ホント辛い状況であります。(小さいのは出て来るのですが・・・)

では、どうして大きな案件(乗換とか)が出ないのか、私なりに色々と考えた結果を言い訳がましく書き込んでいきたいと思います。(あくまで新規事業融資においての話ですが)

@ そこそこ優良な企業の場合、今借入している金利が低い(1%前後)ため、あえて借換する必要がない。

A 平凡な企業でも既に取引している金融機関がしっかり支援してくれており、あえて新しい銀行に相談する必要がない。

B 悪い企業の場合、取引金融機関には相手にされていないが、自金庫でも相手にできないぐらい内容が悪い。

C 無担保で色々な銀行から借入して資金繰りしている企業の場合、返済ハネ資金のニーズがあるものの、借入金融機関の1つが手を引いた時に資金ショートする可能性があるので新たに突っ込んでいくのはリスクが大きい。

とまぁ、大きな理由を挙げるとこんなところなのですが、@BCに関しては昔から変わらないところなので仕方がありません。
しかしAに関して言うと、今までは平凡な企業の中でも少し悪い企業というのはあまり取引銀行に相手にされなくて信金のターゲット先でもありました。でも最近はそんな企業でも地銀クラスの銀行が積極的に支援をしており、なかなか乗換したり新たに入り込んだりするのが困難な状況になってきております。

取引金融機関の担当者がボンクラ(レベルが低いということ)だと入り込む余地もあるのですが、今私が回っている地域のヨソの金融機関の担当者は普通に仕事ができるみたいで悪い評判も聞きません。(逆にウチの支店の担当者の方がボンクラなのが多い・・・苦笑)

そんなわけで、色々と泣き言を申し上げたのですが、こんな融資見込みがない状況が続くと今流行りの『うつ病』にでもなりそうなので、こんな時こそ『ケセラセラ』な気持ちで仕事に取り組んでいこうと思う三流信金マンなのでありました。
posted by ケセラセラ at 12:20| Comment(0) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

銀行業務検定。

最近融資の見込みがなくて気分が沈み気味の三流信金マンです。

さて、来月は銀行業務検定の試験が実施されますね。
気合十分の方はもう既に問題集をご購入されていると思いますが、私みたいに直前になって勉強を始められるタイプの方はまだ問題集もご購入されていないのではないでしょうか(w

今回はそのような方のために2008年6月受験用の問題集をご案内いたします。本屋に行くのも面倒だと思われる方はコチラでどうぞ♪

法務3級
財務3級
財務2級
信託実務3級
金融経済3級
法人融資渉外3級
法人融資渉外2級
個人融資渉外3級
金融リスクマネジメント2級
金融商品取引3級







posted by ケセラセラ at 22:05| Comment(2) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

がん保険について物申す。

ついにウチの金庫でも『がん保険』の取り扱いが始まりました。

今まで個人年金保険については私も販売経験があり、個人年金保険料控除を活用した節税対策としてや老後の年金収入が少ない自営業者に将来のための積立商品として勧めたりできたのですが、このがん保険に限っては販売するのが非常に難しい。

難しい理由の1つ目として、ほとんどの方が既に加入しているということ。アフラックをはじめ、がん保険は現在ほとんどの保険会社で取り扱っているから保険に入ってない方を探すのが難しい。

2つ目は『掛け捨て』であること。今まで定期預金とか定期積金とかしか勧誘していない信金マンにとって掛け捨ての保険を勧誘するっていうのはどうも違和感があって勧誘し辛い。(掛け捨てじゃないがん保険もあると思いますがウチの金庫は掛け捨ての商品)

3つ目は40歳台後半ぐらいの年齢の方が入ると保険料が高いということ。年齢に応じて保険料が高くなるから『お願いセールス』で入ってもらおうにも負担が多過ぎて無理が利かない。

そして4つ目は、これが一番大きい理由なのですが、融資先には原則として販売できないということ。はっきり言って、フルハップでもそうですが融資のある先だから無理を言って入ってもらうことができるのに(まぁフルハップは無理を言わなくてもメリットがあるので入ってもらいやすいですが・・・)、融資先に販売できなかったら誰に販売するねん!って話です。確かに『優越的地位の濫用』とか言われますが、我々営業マンが頼みやすいところって融資先しかないじゃないですか!それなのにそれを禁止されたら非常にやりにくい!
我々が『保険販売のプロ』であれば話は別ですが、完全なシロウトなのにそんな簡単に販売できるかっちゅうねん。

とまぁ、軽くグチをこぼしてみたのですが、こんな私みたいな事業融資を専門とする職員にまでがん保険販売のノルマを課すウチの金庫ってどうよ?って思う今日この頃なのでした。

posted by ケセラセラ at 17:52| Comment(0) | 三流の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。