2008年03月30日

オススメの本の追加。

右のカテゴリーに記載している『オススメの本』を追加しました。

今回新たに追加したのは『法人営業のバイブル―必ず成果の上がる新規開拓の鉄則&必須ノウハウ』(細矢進 著)です。

営業のノウハウ本なんて既に星の数ほど世の中に出ておりますが、ほとんどが我々の業種とは異なり『モノを売る』仕事の内容のものであり、なかなか親しみを感じるものではありませんでした。しかし、この本は銀行業務の新規開拓に的を絞っているため、非常になじみのある内容となっております。

著者は現在コンサルティング会社を経営しておりますが、富士銀行(現みずほホールディングス)に20年間勤務し審査業務や法人の新規開拓業務を歴任した経験をお持ちの方ですから、内容も経験に基づいたものが多く実践的で非常に説得力があります。

『新規開拓に王道はない!』とはよく言いますが、この本には『新規開拓の基本』が書かれております。全ての内容についてマネをするのは難しいと思いますが、『これは使える!』と思えるものについてはすぐに試してみたくなる気分になります。

4月から新年度に入りますし、心機一転新規開拓しようとお考えの方は是非一読してみてはどうでしょうか。


posted by ケセラセラ at 18:16| Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

職業病。

今日からプロ野球パ・リーグが開幕!野球観戦が大好きな私にとっては待ちに待ったシーズンがやって来ました。

それにしてもダルビッシュはホントすごいですね。いきなり完封勝利なんて…。まさしく日本のエースと言えるでしょう!

あらためてダルビッシュの凄さに感心したところで、ヤフーで『ダルビッシュ有』と入力してダルビッシュ情報を検索しようとしたところ…


『有』 に変換するはずが 『求x という字に…


職業病ですね〜(w
posted by ケセラセラ at 23:28| Comment(0) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

住宅ローンの推進。

私は法人営業が中心なのですが、最近ウチの審査が厳しくて思うように数字を残せないので住宅ローンの推進を行っております。

ウチの住宅ローンは保証会社と提携しているため100%保証付き。よって保全第一主義のウチの審査も通りやすいというわけです。

住宅ローンの推進と言っても個人の一般家庭をローラー開拓しているわけではありません。もちろん法人営業の一貫として行っております。

今までも法人の代表者に住宅ローンの借換を推進したり、不動産業者に紹介を依頼したりする営業はしておりましたが、今回は新たな手法を取り入れてみました。

それは『法人の従業員』をターゲットにする手法です。取引のある法人(別に取引の無い新規先でも良いのですが)の経理担当者に従業員の福利厚生の一貫として住宅ローンの借換を案内してもらうのです。(この「福利厚生」というのがポイントです)

『取引している銀行が住宅ローンの借換キャンペーンをやってるねんけど、もし今高い金利で借りてるなら相談してみーひん?』

と経理担当者から従業員に朝礼とかの時間に声を掛けてもらいます。従業員にとっては同じ会社の人から案内してもらうわけですから、私のような営業の人間が声をかけるのと違って身構えることがありません。それに金利や返済額にメリットがあれば当たり前ですが興味を示します。また相談の手続きも経理担当者を通じて行うわけですから、わざわざ店頭まで出向く必要もありません。

もし借換がうまくいけば従業員は紹介してくれた経理担当者に感謝しますし、経理担当者は従業員の福利厚生に役立ったということで我々に感謝してくれます。そして私にとっては成績に結びつきますので3者全員がハッピーになれるというわけです。

今、このやり方で2件の相談を受けております。成約に結びつくかどうかはまだわかりませんが、この手法に少し手応えを感じてきております。

法人営業では『借りて〜』と言って回っても、ただの押し売りになって嫌がられてしまいます。お客さんの視点で物事を考え、少し変わった切り口で回ることがお客さんの印象に残り、そして頼りにしてもらう秘訣なのでしょうね。
posted by ケセラセラ at 14:10| Comment(0) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

経営支援アドバイザー。

今日は久しぶりに銀行業務検定を受検して来ました。

試験科目は『経営支援アドバイザー2級』です。

この試験は『営業店の法人融資担当者を対象に,取引先中小企業の真の企業力を評価するとともに企業の成長・事業の継続を支援するために必要とされる基本的知識および実践的能力について,その習得度合いを測定する』試験であります。(銀行業務検定協会のHPより抜粋
こないだのブログで紹介した『金融検査マニュアル別冊〔中小企業融資編〕』の内容のことも試験の出題範囲に入っております。

今の私の仕事が新規事業所開拓なので受験を試みたのですが、内容としては主に『しんどい会社への支援の仕方』が中心なので、新規開拓とはあまり縁がない内容でした。
しかし、企業支援に関することは以前から興味がありましたし、『金融検査マニュアル別冊〔中小企業融資編〕』も見てましたし、新規開拓先でも『しんどい会社』から相談を受け支援策を考えるケースもあるため今回の試験勉強は大変興味深く取り組むことができました。(これがホントの自己啓発ってやつですね)

でも実際の業務で机上の知識を活かすことは非常に難しいでしょうね。勉強しながら思ったのですが、この分野をマスターするためには実務での経験が随分必要になるでしょうね(この分野に限ったことじゃありませんが・・・)。今後、このような企業支援の案件が出てきたら自分自身のためにも面倒臭がらずに取り組んで行こうと思う三流信金マンなのでありました。
posted by ケセラセラ at 21:50| Comment(4) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。