2007年11月10日

信・義・仁

私の好きな経営者であるSBIホールディングスの北尾吉孝氏が価値判断基準として置いている言葉に「信・義・仁」という3つがあります。

私も仕事に置き換えて考えてみると『なるほど〜』と思える部分があったので、ここで紹介したいと思います。

「信」 約束を破らないこと。

「義」 正しいことを行うこと。

「仁」 思いやりの精神。


「信」は具体的に言うと『これをやると人の信頼、社会の信頼を裏切ることにならないだろうか』と常に考えて行動することであります。我々の仕事でも約束を破ることでお客様、上司だけでなく金庫、社会全体の信頼を裏切る結果となってしまう恐れもあります。約束を守るというのは信金マンとして基本中の基本の行為と言えます。

次に「義」は『これをやることは正しいか正しくないか、法律上は罪がないとしても自らの良心に照らして正しいか正しくないか」という見方をすることです。これも我々の仕事に通ずる部分があり、特に数字のノルマに苦しんでいる時とかに善悪の区別を見失ってしまう人がいます。例えノルマに追われて精神的にしんどい時でも自分が楽になりたいがために正しくない方法で獲得することは義に反するということです。

最後に「仁」は『相手の立場になって物事を考えているかどうか。自分の私利私欲が前面に出てはいないか』を確かめるための基準となります。これは自分の出世のために形振り(なりふり)構わない人とかに当てはまりますよね。上司の部下に対する態度とかで仁がある人かどうかがよくわかります。

これらの3つの基準に基づいて常日頃から物事を判断していると、自分の主義主張がいつも一貫している、つまり軸がぶれなくなると北尾氏は言っております。

私もそれを見習って、しっかりとした軸を持った人間になりたいですね。

※ 本文については一部『何のために働くのか (致知出版社) 北尾 吉孝 (著) 』より抜粋いたしております。
posted by ケセラセラ at 22:28| Comment(0) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

秋の夜長に・・・。A

金融関係の小説と言えば高杉良が有名ですが、黒木亮もオススメですよ。



信金マンにはちょっとケタ違いの金額の話ばかりですけどね・・・(w
posted by ケセラセラ at 15:26| Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

責任共有制度開始後初めての月末。

保証協会の責任共有制度が開始して1ヶ月が経過しましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

ウチの金庫ではメッキリ保証協会の取組件数が減り、9月末が休日であったことも重なり、10月末の数字は全店的に大幅なマイナスを余儀なくされてしまいました。

本来なら毎月月末というのは保証協会案件を押し込め貸し込めの状態で乗り切るのですが、10月に関してはメッキリ勢いも無くなり、ウチの店ではとりあえず割引をかき集めて乗り切ったという感じです。しかしこれからも毎月割引だけで数字を作れるわけがないので、11月以降どのようにして取組を伸ばしていくべきか対策を練る必要があります。

現在のウチの金庫は保証協会案件に関して本部の推進部の方からは『今まで通り推進しろ』と言ってくるのですが、ハンコを押す審査部の方がシビアな対応をすることが目に見えていることから営業店が審査部に出す前にビビッてしまってシビアな対応をしている状況です。

現場で働く営業マンからすればどんどん推進したいものの営業店長はじめ融資役席までが一貫してシビアな姿勢を示してしまうと営業マンはお手上げです。いくら数字を伸ばせと言っても、今まで盾と槍を持って戦ってきた営業マンが素手で戦えと言われているようなものですから、お客様に立ち向かっていくにも慎重にならざるを得ません。

もし審査部の方からある一定の方針を明確に示してくれれば、営業店としてもその方針にのっとって推進できるのでしょうが、今のところ明確な方針もなくダラダラと時が過ぎていっている状況です。

もうこうなったら不動産担保や預金担保や第三者保証人付きの融資で推進や〜!となったら過去の融資に逆戻りです(w

やっぱり今の時代ですから、無担保無保証の融資や動産担保・売掛債権担保といった融資を活用すべきなのでしょうが、ノウハウに乏しい信用金庫では慣れるまで時間がかかるでしょうね。

ここはやっぱり不動産を活用した大口乗換案件でガバッと大きな金額を取組するしかないのかなぁと休日に何気に考える三流信金マンなのでありました。
posted by ケセラセラ at 15:03| Comment(2) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。