2007年05月27日

本の紹介H

右のカテゴリーの『オススメの本』に記載している『はじめての不動産実務入門―金融マンが知っておきたい本当の常識』の著者が書いている別の本を読んでみました。

新・間違いだらけの土地評価―不動産・税金のプロが指摘する(森田 義男 著)
 先入観念や誤解に支配されている不動産に関する一般の認識を是正。自然体で地に足の着いた発想と考え方で、土地の評価方法、土地の時価等を解説。不動産の姿を冷静に見つめ直す。96年刊「まちがいだらけの土地評価」の新版。(Amazon.co.jpより抜粋)

<ケセラセラの感想>
 世の中には、査定マニュアルとか比準表とか不動産評価の『虎の巻』的な本が色々と出ているけど、どれも『もっともらしい』画一的なやり方が書いているだけで実践的な判断を養うことを目的とした内容とは言い難い。本書はそういった本とは一線を置いて実践の感覚を養うために必要な考え方・やり方をアドバイスした内容となっております。
 例えば、土地の評価の方法は「土地を見たうえで、自分が買い主だったらこれにいくらの値を付けるか」を考えることであると述べており、『実物を見て判断する』ことを前提として話が進んでいくので、内容としては堅苦しくなくとても読み易くなっております。
 前回紹介した『はじめての不動産実務入門』と内容がカブっているところもありますが『土地有効利用』の項目なんかは実務で話が出た時にでも役立ちそうなことが書かれていて良かったです。 
 所々に著者の主観(公示価格への批判)が混じっていたり、地価がこれからも下がっていくであろうというのが前提で書かれていたりするのが人の好みを左右するかもしれませんが、『はじめての不動産実務入門』を読んで気に入った方なら楽しんでもらえる内容かと思いますよ。

posted by ケセラセラ at 22:32| Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

数字に対する執着心。

今の支店に移ってもうすぐ2ヶ月が経とうとします。

2ヶ月も働いたら良い点も悪い点も色々と見えてくるわけで、働かないオッサン、言うだけのオッサン、言われてもできないオッサン・・・などなど高給取りの使えないオッサン達が今の支店には揃っております(苦笑)

そんなオッサン達に囲まれて仕事をしていると、自分自身のペースが狂わされそうなのですが、今は何とかオッサン達より偉そうに仕事をしている次第であります(笑)

まぁ、そんな感じで仕事をしているのですが、そんな腹の立つ状況の中でも、特に腹が立つのが『数字に対する執着心』の無い職員が多いということ。

これは、オッサンだけでなく中堅職員にも言えるのですが、集金やお客さんに言われたことをしているだけで仕事に満足をしているのか、成果と言えるような成果をほとんど残せていない方がいらっしゃいます。

そのような担当者に限って『あ〜忙しい!!』とか言ってアタフタアタフタして仕事をしている状況です。
融資の案件をしたり投信や年金保険みたいにややこしい商品の勧誘をしているわけでもないのに何が忙しいのか全く意味不明です。

確かに集金業務が忙しい日もあって当然だと思います。けど『毎日そんな忙しいことないやろ〜』って思いたくなる程、アタフタアタフタしております。
その結果、成果が上がっていないときたら、役職が下でも文句の1つも言いたくなってくるものです。

この日は集金日、この日は勧誘の日、この日は融資の案件を作成する日とメリハリのある仕事をするものだと思うのですが、そんな簡単にいかないのでしょうか?
集金業務の際に『暑いですね〜』『寒いですね〜』と雑談だけして帰ってませんか?このお客さんは定期預金が他行や郵便局でどれだけあるのかとか、住宅ローンを他行で借りているのかとか、投信をどこかでやっているのかとかっていうのを聞いて情報収集することはしないのでしょうか?
ここは取引が発展する見込みがあるから、もしくは今の取引内容を守らないといけないから面倒な集金業務もするのであって、そのような先でないところ(例えば10年以上取引があって取引内容が積金だけの先)に毎月足繁く集金に行くことに何か意味があるのでしょうか?

って聞きたくなる今日この頃です。
このような人達に共通して言えることは自分に自信を持ってないということ。『オレはやってもできひんから〜』みたいな感じで負け犬根性が付いてしまっていることが『数字に対する執着心』の無い1つの要因であるかと思います。

『数字に対する執着心』というのは、生まれつき負けず嫌いの人に備わっているものだけでなくて、自分のやっている仕事に自信がつくことで備わるものもあるかと思います。例えば1つの項目(住宅ローン、投信などなど)で経験を積んで自信が付いたら、この項目では他の人に負けられないという『数字に対する執着心』が生まれてくることもあると思うのです。

なかなか難しいでしょうが全員が色々な項目でプロフェッショナルになって、その項目では誰にも負けないという『数字に対する執着心』が持てるようになったら、その支店は自然と全店トップに導かれていくのではないかなぁと休日にあるにも関わらず考えたりする三流信金マンなのでありました。

posted by ケセラセラ at 17:02| Comment(4) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

多過ぎる新入職員。

5月に入って言うのも何ですが近年新入職員の採用数が非常に多いですね〜。
昨年くらいから我が信用金庫も新入職員の数が増え出したのですが、ちょっと急に採用し過ぎやろって感じです。

団塊の世代が定年で辞めていくために人数を補充するのは分かりますが、即戦力として使いモノにならない新入職員を今頃になってたくさん採用するなんてナンセンスって思うのは私だけでしょうか?

私が入庫したのは就職氷河期の真っ只中で採用人数が非常に少なく、同期の男の数なんて両手で数えられるほど。でも、そんな同期の連中が今は経験を積み、営業店では欠かせない戦力となっております。

つまり、団塊の世代が大量に辞めていく2007年問題のことなんて10年前から分かっていることなんですからもっと早めに対処しとけよ!っていうのが私の意見です。

確かに数年前までは不良債権の処理の影響で業績も悪く、人件費の負担となるようなことはしにくい環境であったと思います。
でも、その当時から採用数を増やして鍛え上げていれば、きっと現在は戦力となっており今頃になって『人が足りない』と言ってアタフタすることも無かったでしょう。

別に今年入って来た新人や来年に入ってくる新人予備軍の方が悪いわけではないのですが、入庫当初は戦力として扱えないわけですから、定年で辞めていかれる方の後釜として考えるには到底及ばないでしょう。もしかしたら、今大量に入庫されてきても、教える人数が少ないこともあって丁寧に指導してあげるのもままならず、戦力となるのに時間を要するのが現実かもしれません。

この問題は金融機関だけでなく他の産業でも言えることですが、悪い経営環境の時こそ目先のことばかりに対処するのでなく将来のことを見据えて行動しないといけないと思える良い事例ではないでしょうか?
ふと休みの日に語りたくなった三流信金マンでありました。
posted by ケセラセラ at 16:31| Comment(0) | 三流の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

連休最後の日に思うこと。

GWも残すところあと1日となりました。
今日は関西地方では生憎の天気であり、外出はままならず自宅でのんびり過ごされている方も多いことでしょう。

そのような『のんびり過ごしている時間』というのは、ふと仕事のことを思い出したりしてしまうものです。

私の場合ですと、今の支店に移って1ヶ月が過ぎたのですが、前の支店の時と違って数字面で過度な期待を受けているなぁとヒシヒシと感じている次第であります。
先月、来て早々にある程度の結果を残したことも『コイツはやってくれる』という周囲の期待を誘うことにもなったのでしょう。

今まで若手ということで、あまり数字面で過度な期待をされることは無かったのですが、そろそろ立場的に中堅になりつつあり、仕事に対する責任感もズシリと感じるようになってきました。

それを私としては『数字ができなかったどうしよう』と不安に感じるのではなく、『とうやったら数字を残せるか』『期待されている以上に成果を残したい』という強い気持ちを抱いて連休最後の一日を過ごしております。

前期の数字が大変悪かった支店ということで今年は正念場を迎えている状況。そんな中、私自身あまり経験したことのない雰囲気でヤル気の無いメンバーや言うだけの上司と仕事をしているのですが、ここで奮起して店の建て直しに貢献できれば来年以降の自信につながるかぁと思っております。

今まで以上に仕事に集中しており、今までみたいに遊び半分な気持ちでブログを更新する気持ちが起こらないことから更新頻度は激減しておりますが、今年1年は自分自身の中で『勝負の年』と位置付けし業務に励んでいく所存ですので、温かく見守っていただけたらなぁと思います。
posted by ケセラセラ at 15:02| Comment(0) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。