2006年03月28日

年度末週。

↓↓ 三流ですが目指すのはbP!!   ↓↓
↓↓ まずはコチラを1クリックして下さい  ↓↓
人気blogランキングに参加中。応援よろしくお願いします!


お疲れ様です。三流信金マンのケセラセラです。
今週は年度末に向けて、さぞお忙しいことと存じ上げます。

さて、私はと言うと、今年度の取組予定はほぼ固まり、あとは実行を待つのみといった状況です。今週は来年度の活動に向けての充電期間となっております。(今年に入ってからずっと充電してたような気もするが…)

ちなみに、来年度も同じく新規開拓専門の仕事をさせていただくことになりました。今年度同様、新規開拓ネタを提供できるよう仕事もブログもがんばって参ります。

4月からは開拓する地区が変わるので、当面はその準備に追われることになるでしょうが、まずは週間ポスト週刊現代が置いている喫茶店を見つけることに専念したいと思います(w

地区が変わるということは店も変わることになります。
今の支店はそこそこ居心地も良く仕事はやり易かったのですが、融資課の事務処理能力の低さと融資課長のレベルの低いギャグには随分気苦労いたしました。
次の支店でも、必ず何か問題はあるのでしょうが、がんばって順応していきたいと思います。(外的要因よりも内的要因をまず対処)

それでは、あと残り3日間、事故の無いように頑張りましょー!


人気ブログランキング 今年度の目標達成に向けてポチっと。
posted by ケセラセラ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

前回の続き

↓↓ 三流ですが目指すのはbP!!   ↓↓
↓↓ まずはコチラを1クリックして下さい  ↓↓
人気blogランキングに参加中。応援よろしくお願いします!


前回、気になる保証協会の制度変更点について書き込みしました。

最後に『上記の2ケースの相談がお客さんからあった場合、あなたならどうしますか?』と締めくくったのですが、私の考えを書いておきます。

【@の保証料について】
正直、お客さんにはメリットがありますから、他行で利用していたら乗換する口実に使いたいぐらいですね。
でも、良識のある方ならわかると思いますが、保証協会にとっては何のメリットもありません。保証料でメシを食っている保証協会にとっては『商売あがったり』の状態です。
恐らく申込しても保証協会は受けないでしょうが、信金マンの常識として、保証協会に迷惑をかけないためにもこんな申込は受けないべきです。
保証協会とは良好な関係を築くことが、金庫にとっても本人にとっても大切なことですから。

断る口実としては、正直に『保証協会にメリットがないから』と言うので構わないのではないでしょうか。

【Aの連帯保証人について】
これも@と同じで、保証協会にとっては全くメリットがありません。
しかも、最悪の場合『知ってやったのではないか?』と保証協会から疑われて、保証否認される可能性も考えられます。
お客さんの『保証人に迷惑をかけたくない』気持ちもわからないではないですが、融資する立場の人間として断固受付ない姿勢を取るべきです。

断る口実としては、大変難しいですけど『保証人に迷惑かけないように死ぬ気で頑張れ!』と言うぐらいしか無さそうですね。
何か良い断り文句があったらコメント下さい。

では、今日はこの辺で。


人気ブログランキング 良識のある信金マンの方はポチッと。

posted by ケセラセラ at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

保証協会の制度変更について物申す【その3】

↓↓ 三流ですが目指すのはbP!!   ↓↓
↓↓ まずはコチラを1クリックして下さい  ↓↓
人気blogランキングに参加中。応援よろしくお願いします!


またまた、保証協会の制度変更ネタです。
ちょっと気になることがあったので書き込みます。

以前もご案内しましたが、大きな変更点は下記の2つです。

@ 保証料が一律(1.35%)だったのが企業の経営内容によって変わる(0.5〜2.2%)

A 代表者以外の連帯保証人が不要となる。

これによって、既存の連帯保証人不要の商品(パッケージ商品)の存在価値が無くなることはこのブログでも以前紹介しました。(詳しくはコチラ

今回は、この2つの点にちなんで、新たな注意点が見つかったのでご紹介します。(もうお気づきの方も多数いらっしゃると思いますが…)

まずは@の保証料の点です。
例えば、今年の1月に保証協会で50百万円の保証を受けたとします。これが優良企業の場合、4月以降に同じ商品で同じ金額まで巻き返すと、保証料が返戻される可能性が大いにあります。

この説明だとわかりにくい方のために数字で説明しましょう。

1.今年の1月に50百万円(期間7年)の保証を受ける

 保証料=50百万円×0.55×72×1.35%×1/12=2,227千円

2.今年の4月に50百万円(期間7年)で巻き返す(保証料0.5%)

 保証料=50百万円×0.55×72×0.5%×1/12=825千円

単純に1から2を差し引いた金額が戻ってくることはないですが、上記のケースですと1百万円ぐらいの返戻保証料は最低でも見込めると思います。

次にAの連帯保証人の点です。
例えば、近年ちょっと経営が苦しい取引先(債務超過、連続営業赤字)が、過去に連帯保証人付きで保証協会を利用していたとします。
その取引先が倒産して保証人に迷惑をかけないようにするために、連帯保証人を外す目的で既存の保証の巻き返しを図る可能性もあります。

上記の2ケースの相談がお客さんからあった場合、あなたならどうしますか?


人気ブログランキング 良識のある信金マンの方はポチッと。
posted by ケセラセラ at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

貧乏暇なし。

↓↓ 三流ですが目指すのはbP!!   ↓↓
↓↓ まずはコチラを1クリックして下さい  ↓↓
人気blogランキングに参加中。応援よろしくお願いします!


最近、少しお疲れ気味の三流信金マンです。

3月に入ってから仕事はあまり順調ではなく『貧乏暇なし』の状況だったのですが、何とかカッコがつくぐらいの数字を残すことができそうなので一安心です。ホッ。

最近は仕事中だけでなく家庭の方でもいつになく慌ただしい時を過ごしておりブログの更新頻度が減っておりますが、落ち着いたらまた更新して参りますのでどうぞよろしく。

スミマセンが今日も時間に余裕が無いのでこの辺で。

人気ブログランキング
 皆様のおかげでカッコがつくぐらいの順位をキープしてまーす!
posted by ケセラセラ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

否決案件。

↓↓ 三流ですが目指すのはbP!!   ↓↓
↓↓ まずはコチラを1クリックして下さい  ↓↓
人気blogランキングに参加中。応援よろしくお願いします!


今日は、失敗事例を紹介します。

今日、融資案件の内伺いを回したら店内で否決になりました。
理由は・・・

○ 決算内容がイマイチ

○ 今後の取引の発展もイマイチ期待できない

○ 社長が協会の代弁請求を受けている

よって取引するメリット無しというわけです。

自分でも『この先はイマイチやなぁ』と思っていただけに抵抗する気持ちも起きませんでした。

やっぱり担当者がアカンと思う先は受付するべきじゃないですね。『数字が欲しいだけ』と思われて、自分自身のセンスを疑われるだけ損でした。反省。


人気ブログランキング 三流よ!失敗から学べ!

posted by ケセラセラ at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

保証協会の制度変更について物申す【その2】

↓↓ 三流ですが目指すのはbP!!   ↓↓
↓↓ まずはコチラを1クリックして下さい  ↓↓
人気blogランキングに参加中。応援よろしくお願いします!


先日の保証協会ネタの続きです。
ちょっと気になる変更点について今日も取り上げます。

B 返済条件を変更する際に追加保証料が発生する。

これは俗に言う『条件変更』のことです。
詳しく説明すると、今までは条件変更の際にお客さんは保証料を追加負担する必要が無かったのですが、4月以降に保証が下りた分からは必要になるということです。
(実は、今までも条件変更の際に追加保証料は発生していた。でも、それは保証協会が負担していたそうです。)

条件変更とは、月々の返済額を減らし最終返済を増やす手続きなのですが、本来の保証料の計算は返済が通常に行われた場合を想定してなされるため、条件変更すると保証料を計算し直す必要が生じます。

今までは、その計算し直して発生した追加保証料は保証協会が負担していたのですが、協会も財政が厳しいのでしょう、『これからはお客さんが負担してくれ』ってことになったわけです。
でも、今まで利用していたお客さんには、申込の際にその辺の説明を(保証協会も金融機関も)していなかったので、4月以降に申込して保証を下ろした分からになったわけです。

で、これによって今後注意しなければならない問題があります。

例えば、既に保証協会の利用があるお客さんで、口数が3口あったとします。

この場合、4月以降に『3口を1口にまとめたりする』と、将来的に条件変更することになった際に追加保証料が発生します。
また『3口の内、1口の保証残高が減ってきたため元の残高まで巻き返す』といったケースの時も、その巻き返した1口に関しては条件変更の際に保証料が発生します。(残りの2口はかかりません)

要は、過去に利用した分でも、借替したりして保証を取り直せば、新規で申込したのと同じ扱いになるわけです。

口数多いのを一本化した後に条件変更することになった場合、その保証残高が多ければ追加で発生する保証料は非常に大きな金額になります。
返済がしんどいから条件変更するのに『保証料負担が重くて条件変更できない』といった問題が発生する恐れもあります。

だから、ちょっとしんどい取引先で今後保証協会を利用する時は、そのような点にも気をつける必要があるってわけです。

どうです?ちょっとはお役に立ちましたでしょうか?

では、今日はこの辺で。


人気ブログランキング 
内容に間違いがあれば遠慮なくコメント下さいネ!
posted by ケセラセラ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

保証協会の制度変更について物申す。

↓↓ 三流ですが目指すのはbP!!   ↓↓
↓↓ まずはコチラを1クリックして下さい  ↓↓
人気blogランキングに参加中。応援よろしくお願いします!


4月から保証協会の制度がガラッと変わるのは、もう皆さんもよくご存知のことと思います。
大きな変更点は以下の2つです。

@ 保証料が一律(1.35%)だったのが企業の経営内容によって変わる(0.5〜2.2%)

A 代表者以外の連帯保証人が不要となる。

この辺は、既に周知の事実ですよね。でも、保証協会の担当者と話していると、色々と面倒な事実がわかってきました。

例えば・・・

○ 既存の連帯保証人不要の商品(パッケージ商品)の存在価値が無くなる。

今まで、上記のようなパッケージ商品は『連帯保証人が不要』という点でお客さん側にメリットがあり、『金利は金融機関所定』という点で金融機関側にメリットがありました。

でも、今回の変更でどの商品を利用するにも『保証人不要』となるので、制度保証の低金利の商品がお客さんにとって大変利用しやすくなります。

また、個人事業主がよく利用する『小規模事業保証』に関しても、今まで『保証人が不要』であるのがメリットだったのですが、こちらも存在価値が無くなります。

それと、これはあまり知られていないのですが『セーフティーネット保証』 については保証料が一律のままであるため、優良企業の場合、面倒な認定を取って『セーフティーネット保証』を申込するより『制度保証』を申込する方が金利は同じでも保証料を低く抑えられる可能性があります。

つまり、ほとんどの申込が『制度保証』一本で賄えるようになるということです。

これは金融機関にとって、非常に迷惑な話です。固定の低金利ばかりで融資していたら商売あがったりですからね。

『何とかして、これを阻止したい!』と思うのですが、『こんな三流信金マンのブログでワイワイ騒いだところで何も変わらへんわな〜』とすぐに気持ちが冷めてしまうのでありました。


P.S 保証協会の制度変更については、他にも情報があるので、また気が向けば書き込みまーす(w

posted by ケセラセラ at 12:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

武勇伝。

↓↓ 三流ですが目指すのはbP!!   ↓↓
↓↓ まずはコチラを1クリックして下さい  ↓↓
人気blogランキングに参加中。応援よろしくお願いします!


オリエンタルラジオって面白いですね〜♪
ちょっとネタをパクって、信金業界での武勇伝?を考えてみました。

それでは、
「武勇伝、武勇伝、武勇デンデンデデンデン、レッツゴー!」


○ 3月31日に都市銀行から億単位の乗換。

○ 個人で年間10億円の新規融資。

○ 信金ファイターに選ばれる。

○ 業績が良いから毎日5時退店。

○ 業績が良いから月末の取組をわざと翌月に持ち越し。

○ 業績が良いから昼間からサウナで一休み。

○ 業績が悪いのに昼間からみんなでボーリング大会。

○ 女子職員を100人切り。

○ 女子職員100人にフラれる。

○ 全員から嫌われている支店長をブン殴って辞める。

○ 支店長のヅラをブン取って辞める。

○ 1億円横領して辞める。

いかがでしょうか? 信金業界の武勇伝は?

「意味はな〜いけれど〜 むしゃくしゃ〜したから〜♪」

って感じでしょうか(w

では、今日はこの辺で。カッキ〜ン!


人気ブログランキング こちらの方もレッツゴー!
posted by ケセラセラ at 00:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

試される。

↓↓ 三流ですが目指すのはbP!!   ↓↓
↓↓ まずはコチラを1クリックして下さい  ↓↓
人気blogランキングに参加中。応援よろしくお願いします!


新規開拓をしていると、お客さんから試されることってよくありますよね。
今日もこんな話がありました。

【会社内容】

○ 業種 : 製造業

○ 年商 : 30億

○ 取引銀行 : 都市銀行3行(地銀、信金とは取引無し)

同社は過去に地域金融機関と取引をしたことがなく、初めから少し横柄な態度でした。

『ウチは短期の借入の金利は0.8%、長期は1.3%ですが何か?』

といった感じでして、『おたくは信金やから無理やろ』みたいなことを言ってくるわけです。
他にも、外為(T/T)の為替交換は50銭優遇されており、全く銀行取引に不満は無い状態であります。

そんなお客さんから

『プロパー(信用)、金利1.3%、期間5年で1億円貸してくれるなら借りてもいいけど?』

と試された時、あなたならどのような対応をしますか?

@ 『やりまっせ〜!』

A 『ウチとは条件が合わないのでお断りします』

B 『検討してきます』と言って次回会うアポをとる。

この時の対応って性格が出ますよね〜。イケイケの人の場合は、もちろん@でしょう。

三流信金マンの私は今回Aの対応をしてきました。理由は低金利の信用案件だからです。

お客さんの話、現場の雰囲気、帝国データバンクの資料で判断すると、貸しても回収は問題ないと思います。
また、収益面も外為でカバーできるかもしれません。

でも、取引銀行に不満が無い会社に、わざわざ取引銀行より良い条件を出して売込することに抵抗を感じたわけです。

恐らく、上記のような条件の案件ですと、かなりの時間と労力を費やす必要があるでしょうし、お客さんの希望通りの条件で決裁を頂くのは非常に困難でしょう。

また、もし取引に至ったとしても、取引している都市銀行がさらに上回る条件で提案してくれば、当庫との取引が解消となる恐れもあります。そうなると、支店や後任の担当者にも迷惑をかけることになるでしょう。

私の考えは後ろ向きかもしれません。でも、どうせ苦労してやるなら『お客さんに感謝される案件』をやる方がやり甲斐を感じますので、今回はせっかく試していただいたのですが、ある意味『お客さんの期待通りの対応』をして帰ってきたというわけです。

ちょっと長くなり過ぎましたね。では、この辺で。


人気ブログランキング 最後まで読んでくれておおきに!
posted by ケセラセラ at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。